最新情報

手足口病の流行(2014-05-15)



上海市内で、手足口病が流行っているようですね。文字通り、口にも手にも足にも米粒大の赤いポツポツが出来るので、家庭でも診断できるかもしれません。

コクサッキーウイルスなどのウイスルが原因の病気です。ウイルス性の病気なので、抗生剤などの治療は必要なく、自然に治るのを待つことになります。熱が上がることは多くないので、元気であれば登校・登園などに制限はありませんが、施設により基準が異なることがあります。

恐らくご家庭で一番困ることとしては、口の中が口内炎のような状態になっていて、痛がってご飯を食べられないことではないでしょうか?
熱いもの、酸っぱいものや塩辛いものは、刺激になって余計痛がります。
冷たいもの、やわらかいものがお勧めです。
上海で手に入りやすいものとしては、お豆腐、ワンタン、そうめんなどを冷ましてから上げると、割合よく食べられます。デザート系では、プリン、ゼリー、ヨーグルトも喜んで食べてくれます。
パンなどは、一見柔らかそうですが、乾燥しているので、口の中で擦れて痛がりますので、注意が必要です。ミルクに浸したり、パンプディングにするといいかもしれません。
ヨーグルトも無糖の場合は痛がることもありますので、ジャムやお砂糖で甘めにしてあげた方が食べやすいです。
時々、下痢をする場合もあるので、その時は乳製品は避けてください。

ご飯をあまり食べないと心配ですが、水分をしっかり取っていれば、数日間の栄養は体に蓄えられているので、大丈夫です。しっかりおしっこが出るように、水分補給をしてあげてくださいね。

感染予防としては、手洗い,うがいはもちろん、おもちゃの共有をさけることもよいでしょう。上海では4月7月に流行するようなので、皆さまご注意下さい!

矢野

ページ上部へ
トップ医療情報アクセスよくある質問リンク集

〒 200336 上海市長寧区虹橋路1286号

TEL:021-6270-9211 / FAX:021-6270-7911

ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。 E-MAIL: info@familyclinic.cn

Copyright (C) 2007-2011 Shanghai Family Clinic All Rights Reserved.

沪ICP备07014773号-1